栂池自然園

水芭蕉が盛りを迎えています。
画像:栂池自然園木道脇の水芭蕉 6月

中部国立公園・標高1,900mに「栂池自然園」はあります。100ヘクタールの広大な園内は、大部分が枯葉などが腐食せずに厚く堆積する珍しい高層湿原。(「標高の高い湿原」ではありません。画像:18年7月22日)
栂池自然園へは
行き方と所要時間
栂池ゴンドラリフトで栂の森駅へ。
(8:00〜16:20 所要20分 常時運転)

栂池ロープウェイへ乗り継ぎ徒歩約5分。
(徒歩5分 20分間隔運転 所要10分)
栂池自然園入口徒歩10分で到着です。

お楽しみ方(往復+散策で2〜5時間)
園内一周の散策は3時間位。草花や北アルプスの峰々を撮る方もとても多いです。お弁当やおやつを持ってゆったりと。

営業:平成28年6月1日(水)〜10月31日(日)
時間:(通常期)8時00分〜16時20分
(繁忙期は6:30〜17:00に拡張)

乗物 往復おとな3,300円(小学生1,800円)
栂池自然園入園料:300円(小学生250円)
お得なチケット販売
往復のゴンドラ+ロープウェイと入園券をセットしたお得な栂池パノラマウェイ前売りチケット販売中!
栂池パノラマウェイ前売りチケット
ご宿泊情報
栂池高原近くの宿泊施設
栂池高原・落倉高原施設一覧

お勧め「評判の良い宿」宿泊プラン
露天風呂のある宿
八方温泉を楽しめる宿
お山からのお便り
時々更新。
栂池自然園の魅力をご案内いたします。
ヒオウギアヤメの凛とした紫、ニッコウキスゲの山吹色、イブキノトラノオ、オタカラコウ・・・
まるで高山植物のお花畑のような浮島湿原の夏。
(下:浮島湿原 8月)
栂池自然園内には、一周約5.5kmの木道、遊歩道が整備(3〜4時間を推奨)されていますので、5・6月の残雪〜7・8月の盛夏、9月・10月の紅葉まで様々な景観、折々の草花を間近にお楽しみいただけます。
(上画像:ワタスゲ湿原の木道に沿ってびっしりと咲くチングルマ 7月)

日本カモシカ・雷鳥・オコジョ・月の輪熊・タヌキ・キツネ・テンなどが生息。遭遇するかも。
(上:ヤセ尾根 7月)
登山装備は必要のない「お気楽ハイキング」程度です。但し、雪面やガレ場などへの侵入はコースを守って安全に。また、動植物は捕獲採取は厳禁。
いつまでも美しく守り楽しみたい自然です。
マナーを守って気持ちよく。
お天気が良ければ、眼前に北アルプス白馬岳が迫る(展望湿原7月)
ご注意など(安全にお楽しみいただくために。)
悪天候により予告なく運休する場合や、視界不良などにより自然園駅からの散策が禁止となる場合や、天候の急変により速やかに下山していただく場合がございます。安全にお楽しみいただくため、係員の指示に従ってお楽しみ下さい。 
残雪時期(5・6月)は紫外線が非常に強いため、サングラスやゴーグルをお持ち下さい。また、必要に応じて日焼け止め等を使いましょう。