白馬五竜高山植物園とアルプス平自然遊歩道

山野草を愛でる。360度の北アルプス大パノラマを楽しむ。

画像:白馬五竜高山植物園 8月

ゴンドラで約8分。そこには高山植物の女王とも称される「コマクサ」をはじめ、様々な彩を見せる高山植物園が広がります。先へ進めば、360度の大パノラマ。(画像:地蔵の頭ケルン。6月頃)
白馬五竜高山植物園・地蔵の頭へは
行き方と所要時間
ゴンドラ「テレキャビン」でアルプス平駅へ。
(8:15〜16:30 所要8分 常時運転)
アルプス展望リフトで地蔵の頭へ。
(8:25〜16:15 所要10分 常時運転)

運転:平成28年6月16日(木)〜10月30日(日)
(展望リフトの営業は6/16(木)〜10/10(月)となります。)

時間:8時15分〜16時30分

パノラマチケット(ゴンドラ往復+リフトフリー券):大人2,200円 小人1,100円
お得なチケット販売
パノラマチケットをお得な価格で販売中です。
白馬五竜パノラマチケット
ご宿泊情報
パノラマチケット付のお得な宿泊プラン
チケット付宿泊パック

白馬五竜近くの宿泊施設
白馬五竜施設一覧

お勧め「評判の良い宿」宿泊プラン
露天風呂のある宿
八方温泉を楽しめる宿
このページでの使用画像は
白馬五竜だより」から画像と説明について引用させていただきました。
より詳しく、時期季節毎の白馬五竜をご欄いただけます。
ご注意など(安全にお楽しみいただくために。)
悪天候により予告なく運休する場合や、天候の急変により速やかに下山していただく場合がございます。安全にお楽しみいただくため、係員の指示に従ってお楽しみ下さい。 
ゴンドラを降り、高山植物園脇に掛かるリフトへ。高山植物園だけをお楽しみなら、園内の歩道を降りながらお楽しみください。
(左:リフト脇、身頃のクリンソウ 7月頃)
コマクサは7月中旬前後。霧や雨の日も多い梅雨の時期ですが、しっとりと落ち着いた散策を楽しめます。
広い園内に200種100万株の山野草。主な花は名前が分かるようになっています。普段はあまり見る事のない草花。珍しく不思議な名前がついているかも。
上、高山植物園脇のリフトを降り、地蔵の頭までぜひ登ってみてください。運良くお天気がよければ、360度の大パノラマ。
男性的で一際目をひく「五竜岳」の名は、この峰に現れる雪形が武田家の家紋「武田菱」に似ていることから、「御陵岳(ごりょうたけ)」と呼ばれ、現在の「五竜岳」に。
(右画像:地蔵頭眼下の雲海。7月)
標高1,676mの地蔵の頭を中心に広がる「アルプス平自然遊歩道」は一周30分程度。湿原あり石畳あり、岩場ありのトレッキング気分を楽しめます。高山植物園とは赴きの違う、水芭蕉やワタスゲ、カタクリなどの花々と、一足早い紅葉もお楽しみ。
(右画像:地蔵の沼付近の木道。7月)